グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2014年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラフって、何? 大まかなデザイン案の作り方①

 1-ムシューダ 
(生徒制作の新聞広告のラフの例/実際の広告ではありません)

以前に、サムネイルについて下の3つの記事を書きました。

サムネイルの意味と描き方③(底辺の量が質を支えることを考えてみる)

今日からは、広告制作のプロセスでいうと、このサムネイル(小さく描いたアイデアスケッチ)の次のステップの、ラフとカンプについて説明を試みます!まずは、ラフから参りましょう!

ラフって、何!?

ラフは英語の形容詞のroughで、ラフスケッチのラフです。意味は「大まかな」「概略図」などです。ここから転じて、グラフィックデザイナーが呼ぶラフは、「大まかなデザイン案(広告案)」という意味で使われています。

「だいたいこういう感じの広告を作りたいんです!」と人に見せられるもののことで、原則的に、実際の広告のサイズ(原寸サイズ)で制作します。(原則的にというのは、大きすぎるポスターや看板などは原寸のラフ制作が物理的に難しいからです)

サムネイルはアイデアをたくさん出してある程度まで絞り込むための段階ですが、絞り込んだら原寸サイズに拡大して、もう少しリアルな広告っぽいものにするわけです。

今日の記事に掲載している画像は、当初ほぼ素人だった学生さんが実際に勉強しながら制作した新聞5段広告のラフの例です。学生さんが自由に企業・商品・サービスを選んで(時には仮想の設定で)、広告のラフを制作してプレゼンする課題での作品です。すっごい良くできてるでしょー?

これらの作品は、それぞれの卒業生の方々にご了解をいただいて、読者の皆さんに参考にしてもらおうと思って掲載しています。ご協力、本当にありがとうございます!(次回以降の記事でも他の卒業生の方々のラフをご紹介しますネ!)

では、どういう方法で、このラフを作るのか?

≫ 続きを読む Read More

スポンサーサイト

| デザインの基本(実践編) | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。