グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

市川海老蔵で、「家を買うのに困っている」設定は共感でけへんわー(^_^;)

飯田グループ1

近頃、大阪の地下街でちょくちょく見かける飯田グループホールディングスの電飾看板です。

今日のこの広告を題材に、グラフィックデザイナーになるための考え方を勉強している読者の皆さんに考えてほしいのは、やはり基本中の基本、広告効果です。広告効果と言っても、数値化できる類の効果ではなく、あくまで広告デザインにおいてのメッセージの説得力のことです。

たとえばこの広告は、キャッチコピーだ、レイアウトだと言う以前に、有名タレントを起用するタイプの広告です。市川海老蔵ですね!

街中で見かける広告のタイプのうち、このようにグラフィックデザインとか洗練度とかまったく気にかけないタレントさえバーン!と出ていれば、あとはどうでもオッケーなタイプの広告、ありますよねー!

有名タレントを起用すると、普通のモデルよりギャラが高いでしょうから、広告にしっかり投資しているという意味で会社の信頼度がUPします。タレントもギャラさえもらえれば何でも出るわけではないので、逆評価されているはずという意味でも会社の信用度が評価されます。

しかし、このタイプの広告を見ると、せっかく有名タレントを使うなら、広告デザインにももっとお金をかけたらいいのに~と思うことも多いわけです。つまり、もっとしっかりしたデザイナーをかませたらいいのにと思うのです。だって、勿体無いじゃないですか!?

ちょっと、分析してみましょう!

≫ 続きを読む Read More

スポンサーサイト

| 雑記 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。