グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

野心的だけど、よくあるアイデア!たくさんの画像で大きな絵を作る。でも問題点は他に・・・。

LOOK JTB-01 

大阪市営地下鉄御堂筋線の梅田駅構内に貼ってあったLOOK JTBのポスターです。

遠くから見たら、なんだかガタガタしているけど、左がモン・サン・ミッシェル、右がマチュ・ピチュであることはすぐにわかりますよね。なんで全体がガタガタしてるんだろう?と思って近づいてよく見てみると、旅行の写真や海外の観光名所の写真が小さくびっしりと並べてあって、それが引きで見るとモン・サン・ミッシェルとマチュ・ピチュになっているという大変な労作です。

これ、実際の制作作業は誰がやったんでしょーね?(笑)この表現アイデアを考えたデザイナーでしょうか?それともどこかの学校とでも協力して人海戦術を使ったんでしょうか?いずれにせよ、この手の広告は写真の見た目の美しさなどではなく、「よく見るとぜんぶ写真だぁ!うわー、すっご~い!(@д@)」という反応を狙っているわけです。

しかし、プロのデザイナーのひとなら、いや美大・芸大の学生さんでさえ、きっと知っていると思います。過去にもこの手の広告はごまんとあることを・・・。本当ならその画像を並べてお見せすべきかもしれませんが、ちょっと手抜きして割愛することを許してください。でも、デザオの授業の中でさえ、斬新なアイデアを奨励すると、驚くほど多くの生徒が、これと同じアイデアをサムネイルで描き、やろうとします。そのときにも、「こんな感じで」と、これと同じようなたくさんの写真で大きな絵をつくった作品例を見せるのです。

何が言いたいかというと、この表現アイデアは、作る手間こそ大変だけど、今や新鮮さや驚きに値しない、という悲しいお話なんです。

≫ 続きを読む Read More

スポンサーサイト

| 雑記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。