グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アサヒスーパードライCMを見て「あっ!M:I 2のトム・クルーズをやってる~!」影響しあう表現はOK!?

MI2SUPERDRY.jpg 

現在放映中のアサヒスーパードライのCMを何気なく見ていると、いくつになってもデザオくらい男前の福山雅治が、画面に向かってグラス(メガネというと何かカッコ悪いのであえてグラスと呼びましょう)を投げるシーンがありました・・・。

「あっ!これはトム・クルーズのミッション・インポッシブルⅡ(M:I 2)の冒頭のシーンを使ったなぁ!」と思ったのですよー(^○^)ニヤリ きっとそう思った人も多いんじゃないですかねー!

M:I 2の比較的冒頭のシーンで、バカンスでロッククライミングをしていたトム・クルーズ演じるスパイのイーサン・ハントに、CIAの特殊作戦部IMFからのヘリがパタパタ・・・と近づいてきてミサイルを地面に打ち込みます。そこにはサングラスが・・・。

イーサンがそのグラスをかけると映像と音声で仕事の指令=ミッションが伝えられます。カッコイイー。そして、最後にお決まりの、「このメッセージは5秒後に消滅する」というセリフ。要はボッと燃えちゃうか軽い爆発を起こしてミッションの証拠が残らないようにするんですよね。

「今度バカンスに出る時には行き先を言うように」との音声に、イーサンはかけていたサングラスをはずしながら、「行き先を教えたら バカンスにならない」と呆れるようにつぶやきながら、そのグラスを投げ放ちます。

そしてグラスが爆発するシーンから、あのミッション・インポッシブルのテーマ曲が始まるという、まさに「決め」のシーン。それが冒頭の画像の左側です。

そして右側がアサヒスーパードライのCMで、福山雅治がかけていたグラスを同じように画面に向かって投げるシーンです。絶対、意識して真似してますよね―!(^_-)-☆

CM動画を確認しても、前半全体にスパイ映画かSF映画を意識したサイバーな演出がされています。


これはスーパードライのスペシャルサイトを見るともっと顕著で、「影響を受けている」というより、ちょっとパロディっぽくしたいんじゃないの?と思うくらいです。(↓)

MI2SUPERDRY2.jpg
 

さて、本当にこのスーパードライのCM制作者が、M:I 2のシーンを真似たかどうかは別として、デザオは別に責めているわけではありません。むしろ、こんなことは良くあるし、こんなあからさまな影響をしあって、表現は進化しているんだよーと若い読者の皆さんに言いたいのです。

≫ 続きを読む Read More

スポンサーサイト

| 雑記 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。