グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「アドルフに告ぐ展」もやってるし、手塚治虫記念館へ行こう!

アドルフに告ぐ展2

阪急の某駅に貼ってあったポスターです。

「戦後70年に考える アドルフに告ぐ展」と題された手塚治虫記念館のポスターなんです。いやいや、ついに触れますかここに!実はデザオは手塚治虫、子供の頃から大好きなんです!

だから、1989年(平成元年)は本当にショックでした。この年は、正月の明けたばかりの1月7日に、昭和天皇が崩御され、うわぁ、天皇陛下ってやっぱり死ぬんだ・・・とショックでした。その驚きも冷めない1ヶ月後の2月9日に、ニュースで手塚治虫が亡くなったと聞いて、ガーン!としばらく立ち止まってしまったくらいショックでした。話しの流れでもうひとつ言いますと、その年の6月24日に美空ひばりさんがなくなり、まさしく「昭和が終わりました」と何度も何度も認識させられているような1年でした。

「アドルフに告ぐ」は第二次大戦を舞台にした漫画で、ナチス台頭の前後、アドルフ・ヒトラーを含めた3人のアドルフを主人公に展開する物語です。私が高校生のころだったでしょうか、もうちょっとあとだったでしょうか。豪華版4冊で出版されたときに、購入して読みました。設定が設定ですから、娯楽大作とは意味合いが違い、とてもシリアスです。暗くなりそうな話なのですが、漫画というメディアの楽しさで何とか乗り切っている感じです。

このポスターを見て、心のなかで「なっつかし~!」と叫んだデザオですが、これを手塚治虫記念館でやってるのかぁ!じゃあ、また久しぶりに手塚治虫記念館行くかなー!と思い始めちゃいました。阪急宝塚駅からちょっと歩くところにあるとても小さな記念館ですが、なんだかんだ言いながらもう10回くらい行っているような気がします。

だから、想像ができるのですが、この「アドルフに告ぐ展」はおそらく、この記念館の2Fの展示スペースでこじんまりと実施しているはずです。基本は常設の展示物がメインの記念館ですから。

しかし、この常設の展示物が魅力的です。手塚治虫が子供の頃に描いた漫画や虫の図鑑があるのですが、これが凄い!とても小学生とは思えない画力とこだわり!子供時代の絵のうまさに関しては多少自信のあったデザオですが、この手塚治虫記念館の展示物を見るとさすがに「負けた!」と思わされる質と量!「将来、手塚治虫になる、ある天才の子どもの絵」が見れます。

ぜひ、読者の皆さんも興味があれば行ってみてください!

手塚治虫記念館 
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/

いつもクリックありがとうございます!

↓FC2ブログランキング、にほんブログ村、人気ランキングに参加しました。
それぞれ1クリックしてくださるとデザオとっても嬉しいですオー!よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザイン・アート ブログランキングへ

| 雑記 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日もイラストレーターとデザイナーで迷える子羊の相談がありました!?

20150512-1.jpg 

またひとり、授業後に相談にきた生徒さんがいます。Nさんとしておきましょう。

Nさんは、話を聞くと、イラストレーターを目指して勉強中の女性ですが、いきなりフリーでイラストレーターの仕事を始めることの難しさに十分気づいています。またグラフィックデザインの仕事にも興味があり、やはり就職するためには、イラストレーターではなくデザイナーでないと無理でしょうか?という主旨の質問です。

また世の中の、現在成功しているイラストレーターの方々の中で、「元グラフィックデザイナー」というよくある共通項を見つけたことも、彼女を悩ませるようです。イラストレーターを目指すにしても、いったんデザインの仕事をしてからのほうがいいのでしょうか?という質問もありました。

結論的には、その作戦に賛成です。

イラストレーターへの志望度が高い場合は、大変でもイラストレーターとしての活躍を目指して邁進すれば良いのですが、彼女はデザイナーにも惹かれていて迷っています。その場合は、デザイナー→イラストレーターのほうがルートとしては進みやすいと言えるでしょう。

イラストレーターに仕事を発注する人は、だいたいデザイナーが多いです。雑誌系なら編集者から直接もあるでしょうし、クライアントの宣伝担当の直リクエストもありえますが、原稿のやりとりなどリアルな状況では、デザイナーを相手にすることが基本になります。

デザイン会社勤務や、デザイナー経験があることは、そのイラストを発注する側の考え方、視点を学べるということで、とても有利です。イラスト代の相場感もつかめるでしょうし、デザイナーにとってどういうイラストレーターが助かるのかというニーズも理解できるでしょう。

別に、デザイナー→イラストレーターというルートが確立しているわけではないのですが、往々にして、グラフィックデザイナーの人はもともと絵を描くのが好きな人が多く、元デザイナーのイラストレーターが多くなるのでしょう。

そういう話をNさんにすると同時に、その場合でも注意をひとつ伝えました。

当たり前ですが、グラフィックデザインの仕事も大変で、決してイラストレーターになるための腰掛けとしてしばらくチョチョッとやってみて、そのあいだにイラストコンクールや雑誌への投稿、作品集づくりに精を出そうなーんて考えていたら、そんなに甘いモノではありません。

毎日遅くまでがんばらないと仕事が回らないので、ひーひー言いながらデザインの仕事をしていて、ふと気づいたら何ヶ月もイラスト作品を描いていないということになりがちなのです。Nさんには、そういうことも頭に置いておくよう言いました。

このNさんと同じような悩みをもっているかたへ。

今日の記事だけでなく、これまでにもイラストとデザインに関して、いくつかの記事を書いてます。きょうの話と合わせて読んでもらえるといいかもでーす!

関連記事:【Q&A】 デザインの課題で、自分のイラストを使おうとしたらダメなんですか?


いつもクリックありがとうございます!

↓FC2ブログランキング、にほんブログ村、人気ランキングに参加しました。
それぞれ1クリックしてくださるとデザオとっても嬉しいですオー!よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザイン・アート ブログランキングへ

| 広告とデザイン業界 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

良くも悪くも今のニホンらしいなーと思う自衛官募集のポスターを見て。もっとデザイナー使って~!

自衛官募集

自衛官募集のポスターです。上下に2枚貼ってありました。

なんだか笑けます・・・。

下のポスター、アニメキャラ風イラストの陸海空の女の子士官がいて、「守るよニッポン!」ですよ。これで守れるのかよ!?という真正面からのツッコミは無粋というもので、自衛隊という公務員募集でも、萌えさせてしまうところがいかにもニホン(笑)

それに比べて上のポスター、「JAPAN PRIDE 誇りを胸に」というキャッチコピーで、写真も海上自衛隊の艦船、ヘリ、女性自衛官というオーソドックな要素を入れながらも、どこかやっぱりアニメっぽい。パトレーバーっぽいとでもいいますか。

でも一番不思議なのは、この2つの全然テイストの違うポスターを並べて貼っているところです。どういう経緯でこの2種類のポスターがあるんでしょうね??もしかして、上は男性用、下は女性用とか?(笑)

個人的な好みで言えば、本気で募集するなら、対象は若者ですし、確かにカッコイイほうがいいし、アニメっぽくても構わない、でもこの2つはいずれも中途半端かなーという感想です。

アニメ文化を持ち込んだとしても、もう少しポスターのグラフィックの完成度をUPすれば、もっと応募したくなる人が(男女ともに)増えそうな気がするんですけどね。

いやいや、今日の主題を忘れてた!

今日言いたかったのは、自衛官募集のポスターの中身ではないのです。地下鉄のポスターやサイン、注意書きのたぐいの記事を書いているときもそうだけど、もっと世の中にたくさんいるグラフィックデザイナーを活用してほしいなー!という呼びかけです。

街中にあふれる変なデザイン、幼稚なデザインのポスターを見るたびに、昔は、発注側のデザイン代の予算がないから会社内の素人さんが作っているんだと思っていました。

もちろん予算も大きい理由なのですが、最近わかってきたのは、そもそもプロのグラフィックデザイナーへの依頼が必要なほど、デザインのクオリティが高いことが大切だという認識がないようです。だいたいそれらしくできていたら、いいじゃないかという感じです。

もうひとつの理由は、デザイナーに依頼することが、やたらハードルの高いことと思われているようです。

このデザインにあふれている時代に、デザインが少しでも良いほうがいい、という一般的常識はみんなわかっているものの、発注元の会社や組織が、それをプロのデザイナーに頼むことが「たいそうなこと」「オーバーなこと」だと思っている節があります。

この2つの理由があいまって、「わざわざプロのグラフィックデザイナーに依頼することないじゃないか」となってしまうのです。

そんなことないですよ!TVに出るような大御所デザイナーみたいな姿ばかり想像しないでください。そうじゃなくても、グラフィックデザインをしている若い人はたくさんいますし、小さなデザイン事務所はたくさんあります。

彼らに遠慮無く、相談をもちかけてみてください!意外とお安い値段でやってくれると思いますよ!←せ、宣伝!?いえいえ、啓蒙です(笑)

いつもクリックありがとうございます!

↓FC2ブログランキング、にほんブログ村、人気ランキングに参加しました。
それぞれ1クリックしてくださるとデザオとっても嬉しいですオー!よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザイン・アート ブログランキングへ

| 雑記 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大阪市の特別区設置の住民投票ポスター イラスト関係ね~し、めちゃくちゃ、ほのぼのだし。

20150510.jpg 

いよいよ来週17日に住民投票です。

え?なんの?誰が?どこで?

ええ、確かに大阪市だけのローカルな話です~。

橋下市長率いる維新の会が推し進めてきた大阪都構想の天王山、都構想に賛成か反対かの住民投票です。

大阪市の方は、賛成であれ、反対であれ、ここは投票しておかないと!

全国ニュースでも、やっとジワジワと関連ニュースが増えてきていると思うのですが、これがもし成れば、実は日本中に影響を及ぼす、密かなビッグイベントです。政局的にも、橋下市長の進退に関わる注目度の高い一大イベントです。

そんな差し迫った、大阪市の特別区設置の住民投票ポスターです。もしかしたら、たまたま見かけた東淀川区のみのデザインかもしれませんが。これがまた全然差し迫ってない!(笑)

なんて平和なデザインなんでしょう。鳩と人でハート型を作るという、中学生の国連平和ポスターみたいなイラスト・・・。大阪とも、都構想とも、何の関係もないイラストです。関係があるのは、右下の投票箱のイラストのみ。

「あなたの一票が未来を決める。」という、これまたどのような選挙でも通用しそうな慣用句のキャッチコピー。

結果的に歴史の一大イベントにふさわしくない、「市民だより」の表紙のような、ほのぼのとしたデザインです。


頭のなかでリ・デザインしてみよう!


さて、ここで質問です。あなたなら、どんなデザインをしますか?

授業でもよくリ・デザインを推奨します。既存の広告やグラフィックデザインを取り出して、実際に作るところまで手間暇かけなくても、頭の中で「自分ならどうするか」シミュレーションしてみるのです。

そうすると、何が問題点なのか、何が改善点なのか、どこが難しい点なのか、よくわかります。

読者の皆さんも、一度シミュレーションしてみてはいかがでしょうか?きっと頭の体操になると思いますよ!

いつもクリックありがとうございます!

↓FC2ブログランキング、にほんブログ村、人気ランキングに参加しました。
それぞれ1クリックしてくださるとデザオとっても嬉しいですオー!よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザイン・アート ブログランキングへ

| 雑記 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「今日の授業にはノウハウが入っていたかな?」と考えるようになったキッカケ。

20150509.jpg

数年前、ある学校でグラフィックデザインの出張授業を終えたときのことです。

その学校のかたがこう話してくれました。

「いや~、デザオさん、ほんとありがとうございます!生徒も盛り上がってましたし、私たちにもとても勉強になりました。」

「いやいや、ご謙遜を」

「いえ、本当です。これまでも何度か、外部のかたに講義をお願いしていたのですが、自慢話で終わるかたが多くて困っていたんです。そのときだけは学生も、すごいなーってなるんですけど、結局何も残らないんですよ。」

「は、はぁ、そうですか。」

「ええ、こんな大きな仕事をやっている、海外ロケもしょっちゅうだ、君たちには難しいだろうけどがんばれよ、みたいな話です。でも、結局ノウハウを何も語ってくださらないんですよ」

「なるほど」

とりあえず今日の授業について褒められたようだと安堵しながらも、なるほどなー、そういう視点で困っていたのかと、複雑な心境になりました。

自分を振り返って、つまらない自慢話をしていなかったかな?と気になりながらも、とりあえず、この学校の方は喜んでくれたのだといいように理解しました。

考えてみれば、ゲスト講師は生徒が憧れるような大きな仕事の実績があり、えらそうにしているほうが箔が付いていいと思うのですが、学校の人は、もっと具体的なノウハウや実務のことを話して欲しいということだったのです。

それまであんまり意識したことはなかったのですが、それ以来、普段の授業内容を考えるときでも、「今日の授業には何かノウハウが入っていたかな?」ということを意識するようになりました。

勉強になります。

いつもクリックありがとうございます!

↓FC2ブログランキング、にほんブログ村、人気ランキングに参加しました。
それぞれ1クリックしてくださるとデザオとっても嬉しいですオー!よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザイン・アート ブログランキングへ

| 雑記 | 17:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。